鳩がベランダに住み着いてしまう理由

鳩はとても警戒心の強い動物です。そのため、外敵から身を守れる場所に巣を作る性質があります。ベランダなどは、鳩が身を隠す事ができるものが多いため、安全と認識されると、住み着く原因になります。

鳩対策で使用できる道具を比較

ベランダの手摺などに設置する対策グッズ

鳩は棲みつく前にベランダを安全な場所かどうかを調べます。そして、安全だと分かると、安心して住み着きます。予防としては、鳩が止まる手すりなどに対策グッズを置くことで、ベランダが住みにくい環境だとわからせることができます。

ベランダ全体を覆うことができる網

細かな対策を行っても鳩が来てしまうことがあるため、網で侵入しないように対策を行ないます。ベランダ全体を覆うことで、侵入できなくなりますし、ガーデニングなどにも利用できるため、見映えもよくなります。

鳩対策を考えることで様々な被害を防ぐことができる

はと

対策方法は鳩の状態を見て変えていこう

警戒心の強い鳩には、巣作りを行うまでに、3段階の変化が見られます。そのため、近づいてくる鳩の変化を見極めて対策する必要があります。

ハト

鳩は傷付けることができな動物

ベランダなどで被害を受けた際に、駆除を試みたいと考える人もいますが、野生の鳥獣は鳥獣保護法により、捕獲や飼育、殺戮が禁止されています。鳩もこの法律があてはまるため、傷つけることができないため、対策をする必要があります。

野生動物との距離をきちんと考える必要がある

鳩の対策を考える事も大切ですが、一番大切なのは、人間と野生動物との距離です。警戒心の強い鳩が、人間の居住区で生活する理由は、何らかの原因で人間は敵ではないと認識させてしまっているためです。気軽に餌を与えたりしてしまう事も原因となるため、きちんとした距離を保つことが大切です。

広告募集中